• 小
  • 中
  • 大

マップ イベントの削除


地図やマーカーなどで発生するイベント通知の登録は、addListener() イベント ハンドラを使用して行います。このmethodは、オブジェクト、リッスン対象のイベント、指定されたイベントの発生時に呼び出す関数を取ります。


静的method戻り値説明
addListener(instance:Object, eventName:string, handler:Function)MapsEventListener指定されたオブジェクトのインスタンスに指定されたイベント名に、指定されたリスナ関数を追加します。このリスナの識別子を返します。識別子は eventRemoveListener() で使用できます。

下記例は地図に 'zoom' プロパティの変更に関するイベント ハンドラを追加し、zoom_changed イベントを受信したときには地図を大阪に移動します。
下記例は地図をドラッグしたらインフォウィンドウ(吹き出し)を削除します。
 google.maps.event.addListener(map,dragstart,
function() {
infoWindow.close();
})
;


1つ目は引数でmap。2つ目以降イベント発生種類と処理を指定したものです。